自転車日本一周12日目 ナイトランから宇都宮二荒山神社

から / 2020年6月19日 / 自転車日本一周
Pocket

群馬から栃木県足利市、小山市を抜けて宇都宮の手前で朝を迎えた。

一晩中走り切ったために憔悴しきっており、もうそろそろ雨が降ってくる予報だ。

宇都宮までまだ距離はある為に近くの東屋のある公園を探して寝ることにした。

しかし2か所回ったが屋根付き東屋のある公園がなく、呆然とした。

その代わり1つ目の公園でシカ🦌に出会えた。

大きな公園の営業開始時間までは2時間以上待たねばならず、イオンで雨避けしようにも同様に3時間は待たねばならない。

しょうがないから2つ目の公園でローソン野菜でラーメンを作って食べた。

しかし雨も眠気も待ってはくれない。

昨日起きてからまだ16時間しかたっていないのに走行中に眠気を感じるまでになっていたために、近くの100円の自販機で「イチゴミルク」と「バナナミルク」を500mlづつ飲んだ。

これがまた美味すぎて悶絶し、私は自転車を傍らに自販機の横の腰掛けれるスペースで住宅地だというのに2時間座ったままこっくりこっくりと眠りこけた。

この2時間の仮眠は私の体力を全回復させ、その後も走り続けることが可能となった。

途中、格式ある寺の裏手の墓地で近所のシニア層の奥様方が賛美歌的な歌を小雨の中で合唱していた。

美しい響きは栃木の大自然と共鳴し思わず聴き入ってしまった。

聴きたい人はYouTu be動画も観て欲しい。

どういうわけか予定よりかなり遅れて午後2時頃に宇都宮駅近くの「宇都宮二荒山神社」に到着した。

正殿へはまた強烈な登り階段であり、登りきると神社は現れた。

ここも一之宮神社らしく純白の着物に真っ赤な袴を着た巫女さんが歩いていた。

巫女さんの清楚な装いと雰囲気には魅かれるものがある。

また巫女さんが歩いているだけで、その空間は千年前の日本が再現されてくる。

参拝と撮影を終えた後は、18時からカーシェアのナイトパックを予約しているために近所をぶらついて散策した。

18時から車に乗り込むと極楽湯にて500円で入浴、長い旅の疲れを癒し、

自然派コインランドリーみたいなとこで洗濯と乾燥をして親身ともにリフレッシュして群馬県発祥の大型スーパー「ベイシア」で好きなものを奮発して食べた。パンケーキが美味しかった。

カーシェアで寝れるのはホテルで寝るようなものだ。

大変幸せな夜を過ごした。

▽動画はこちら▽

著者について

EARTHER.TV

コメントを残す

ページトップへ戻る